プライドが邪魔する

私が採用面接をするとき必ず介護職員になぜ、この仕事を選らんだか尋ねたら、自分の肉親を介護をしていたとか将来自分の両親の介護の為。だけど覚悟を持ってやらないとすぐ挫折しますよとね言ってあげるのです。だって、介護パート時給850円ぐらいでリスク背負って働く。スーパーマーケットで働いても850円ぐらい出る。利用者とコミュニケーションをとり、うんこ処理もする。繰り返し同じことを言う利用者に対応。しかもレクリエーションの提供我を忘れ笑いのサービス。時には女でありながらバカ殿メイク、プライドを考えたらどこかで割り切りができるか必要。できなければ、なんで私がこんなことをしなければいけないのかと嘆きつつ辞めていく。介護サービス以外に何ができるか引き出しがいっぱいあると自分自身も楽しめるのだが。歌を歌う、折り紙ができる壁飾りを作る想像力、行事企画、オリジナル高齢者ゲームで盛り上げる。面白話術、ボケ突っ込み等ができれば自分自身も楽しめる。介助技術、身体介助はマニュアルがある。すぐ慣れるが、個々に合わせた心の支援が難しいです。勉強も必要いろいろ考えたら手っ取り早く他の仕事がいいと思ってくる。職員が定着しない。

"プライドが邪魔する" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント