テーマ:介護職員

デイサービスに施設系の看護師を迎えたが

デイサービス定員が10人を超えると看護師も人員として置かないといけない。しかしながら、1人でも介護のほうが必要で看護師兼介護兼任ということで採用。看護師は状態観察・健康管理で一日中仕事はなく当然役割として介護のほうもやってもらうが、これが出来ない看護師は看護の仕事しかやれない。長年病人を見る側から一緒に楽しむこと。楽しみの提供企画となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実は手と脳との関係

手には脳とつながってる神経細胞が多くて第2の脳って呼ばれてるのは前に話しましたよね? →こんなにスゴイ!一生覚えておきたい爪もみ健康法☆ 手や指を動かすことで自然と脳の血流量が多くなり、活性化されて若返る、というわけ。 ポイント 1、左右の脳(=両手)を使う 体の右半分は左脳、左半分は右脳が司っている。脳全体を刺…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護職員として思うこと

デイサービス職員が利用者対して思う事 ご利用者様は、あくまでも「お客様」です。料金を払ってわざわざデイサービスに通って頂いているのですから、ご自宅に居る時よりは楽しみを求めて利用されたいと思っていらっしゃいます。(ご利用者様は口に出して言わないだけです) 入浴介助しているから、機能訓練をしているから・・・それだけで十分だろう~と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の転倒は命取

普段のつまずきでオットートーで体制を整えた経験はだれしも持っていると思う。しかし高齢者となれば止が聞かない。しかし、そんなことはないと思っているのが高齢者自身だろう。骨も弱いもろい、先月デイフロアで移動中斜めに転倒した。強く転倒したわけでもないが倒れ後ろにごろんと丸まって転がった先に柱がありそれに頭を打ち血が噴き出した。当然救急搬送診断…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

認知症新しいことが覚えられない

認知症は病気の名前ではなく、病気の症状です。・記憶が障害される・・・・でも昔のことは覚えています…「新しいことが覚えられない」・何十年も一生懸命働いたり家族を支えて生きてこられた方が認知症にかかることが多い。・記憶を障害される以外は、普通の人です。只物忘れすることで他の行動に影響が出ることもある。・人が生きて行くうえで記憶がどれだけ大事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プライドが邪魔する

私が採用面接をするとき必ず介護職員になぜ、この仕事を選らんだか尋ねたら、自分の肉親を介護をしていたとか将来自分の両親の介護の為。だけど覚悟を持ってやらないとすぐ挫折しますよとね言ってあげるのです。だって、介護パート時給850円ぐらいでリスク背負って働く。スーパーマーケットで働いても850円ぐらい出る。利用者とコミュニケーションをとり、う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グループホームとデイサービス

介護業界人手不足だけど誰でも採用とはいかない。新年1月よりグループホームからデイサービスへ移動され利用者の前で帰りの際今日は楽しかったといって頂けるよう私は頑張ります。と挨拶した中年介護君が今潰れようとしている。2日間無断欠勤。してもう一日連絡がなかったら自宅へ行こうと思った病気か自殺か心配だった。3日で連絡があったというより前の所属管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護福祉士としての自信

ちょっと待って介護施設で働くため講習や専門職教育を受け職に就くプライドがあるはずだが、たいして専門知識もないのにおばちゃん介護さんが年の功で若い介護士に指示をする。若い介護士はおばちゃんパーワーに負け従う。しかし、実践するのは介護士、責任も介護士。ちょっと介護をかじったおばちゃん介護に口出しは無用だと思う。また介護福祉士も誰が言っても国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護施設を考えるとき

高齢になっても元気に暮らしている人、同居家族がいる場合は良かろう。しかし、何の前触れもなく突然の転倒骨折で手術2ヶ月の入院で一気に環境が変わったご本人様。変化のない入院生活、ベットから離れるときはリハビリもしくは術後はリハビリ病院へ転院そこでリハビリをしながら回復を図る。もちろん、もう100%の回復は見込めず70%が最高回復となる。もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護はチームワーク

去年までチームワークは良かったと思います。しかし一人のモンスター介護士の流れに沿って行えば良いということです。いろいろありました、利用者を自分の都合のいいように誘導していく。できなければ嫌味を平気で言う。また同じことをやっていても自分の失敗はさておき他の失敗なら追及の手は緩めない管理者であろうと。そんな介護士が退職して新規に女性介護パー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規一転今年もやります

改革の年去年は自分にとってショックなことがありブログなんて心の余裕がなかった自分が入社したころは元気でダメ出しを多く頂いた利用者様が相次いで亡くなったり他の特養に移ったり寂しいことばかり。年齢を考えたら仕方がない事と思いつつ自分を責める。長い先の楽しみより今、&今日、一日がどうだったかを重視したい。今日一日楽しかったか、良いサービス提供…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護事故というべきか

糖尿治療中、人口透析、低血糖、右大腿転子部骨折あり人口骨手術あり利用者骨折は4年前ぐらいのことで今は杖歩行で歩いていた。もとは活動的だったらしく学生時代はスポーツを楽しんでいた、いろいろなことに挑戦をする利用者さん。でも4年前ぐらい前に骨折して入院した時入院中にせん妄が出始たり被害妄想もあり家族はあまりの変わりようで絶望していた。ただ持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護研修で学んだこと(かかわり)

接し方:雰囲気作り=①表情・態度・姿勢・②視線③声かけ 簡単受容、話を聴いていく態度=①うなずき・相槌・話の一語か2語の繰り返し 感情への応答気持ちをとらえて伝え返す=①重要な感情表現、②喜怒哀楽③不安④葛藤⑤態度⑥表情⑦動作の訴え利用者を介護をする立場される立場で介護をするものがより良い利用者との人間関係を築き上げるための接し方の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護福祉士結果明暗

法人内で今年は5に試験を受けたが2人しか合格しなかった。 1月に試験から発表までの間自己採点で皆ぎりぎり何とか全員合格予想から2人の合格。合格した人も素直に喜べない。そしてイエローカード連発の人が合格では、しかも一発で。 頑張ってほしかった人が撃沈聞けば5回目だそうだ。 これも毎回1点差 2点差だそうだ。 詰めが甘いのかな~残念…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気候も良くなり

春の嵐も過ぎ去り穏やかな気候になり外出レクなど企画が立てやすくなった。 桜の花見、随分行った。 近くに名所があるのがありがたい。 利用者様も今どのような季節、何が話題になっているか知っている。 最低限の情報は提供しなければと思う。 私自身、嫌というほど子供の頃から行ったことのある場所でも 利用者様にとっては初めての場所。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護ケアについて学びました

小欲知足  「小欲知足」 欲を少なくして足るを知るという仏教の教えであるが、幸せの原則を教えている言葉である。私達は、足るを知らない所から様々不幸感、苦しみを自ら紡ぎだしている部分がある 幸せとは、環境の良い悪い、お金の多寡ではなく、今ある環境に感謝できるか、足ることを知っているかにかかっている。私達は、感謝できる環境があるから感謝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利用者の転倒リスク

利用者様が来所してウエルカムドリンク&バイタルで始まる順番にそって 入浴、機能訓練へと流れていく。 その間利用者は塗り絵、脳トレプリント、その人に合った過ごし方をする。 その時間中、自ら席を立ちトイレへ行こうとす利用者に対してちょっと待ってと大声でどなるスタッフ。杖を持たずにいこうとする利用者になんで杖をもっていかないと怒る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気候も良くなったので

春初めごろ北風の影響インフルエンザの予防など外出レクリエーションは控えていた。 3月中旬より季節の行事梅見、見学など徐々に外出の機会が増えていった。 今まで室内でのレクリエーションが中心でしたから利用者様も喜び楽しんで頂けた。 桜の花見も今回ブルーシート持参の本格的企画しかも花見弁当。食事時間が終わり少々の休憩時間の後、本来の時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利用者とお別れはこうなんだ

大好きだった利用者のAさん2年ほどの利用期間でしたがしっかりされている女性利用者さん。 元は役職のついた仕事をし定年後も経験を見込まれ第2の職場へその職場も無事定年。 しかし脳梗塞が原因で一人暮らしができなくなり近所だった私の施設へ入所された。 その後2年間のデイサービスを通しての付き合い。 気が合うのか前世でついあっていたのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

疲れとストレスから

デイで日々の活動の様子を写真に撮り笑顔のいい人。 その瞬間だとかレクの時盛り上がって大笑いしているときや集合写真。 ベストショットを撮るため、笑って~とかチ~ズとかの声をかけながら撮ります。 後で利用者様に小さい声で、あんた、優しい目になりなさい。 少し余裕をなくしていた時に言われた一言 利用者さんも職員の事をよく見ていますね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私を見て頂戴より

What do you see?(私をみてちょうだい) 私を見て頂戴 職員さん、いったい何を見ているの? 私の何を見ているの? あんたがたに見える私は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年会の2次会で愚痴った方へ

そしてその感謝  「小欲知足」 欲を少なくして足るを知るという仏教の教えであるが、幸せの原則を教えている言葉である。 私達は、足るを知らない所から様々不幸感、苦しみを自ら紡ぎだしている部分がある 幸せとは、環境の良い悪い、お金の多寡ではなく、今ある環境に感謝できるか、足ることを知っているかにかかっている。 今日一日足ることを知り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の3男犬15歳7ヶ月で天国へ

最初は背中横にデキモノのようなものができていたけどまあまぁという感じでした。 特に病院に行くわけでもなし、自然に任せていたんです。 時々気になるのか足で器用にバタバタ動かしかいていた。 かじりすぎて血が出ているときがありました。 それでも、少し消毒して様子を見ることで次第にとうができ治るのくり返しでした。 朝夕の散歩も催促する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログ登録10周年

ウェブリブログ事務局からお祝いメッセージが届きました ブログ登録後10周年になりました。最初はPCの文字打ちの練習ぐらいの軽い動機ネタはその時々でPCの知識もなし、ましてや文章力もない、国語の成績悪かった特に文法。でもそんな私でもブログ訪問してくれている人がいるとわかり頑張ってきました。これからもこんな私のブログですが、何か意見があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護利用者はお客様

デイサービスに通う利用者、介護度1から5の利用者。メンドクサイ人わがままな人、問題老人すべてお客様一人暮らしがままならない人、職員も相手が高齢者、体力的にも劣っているので絶対優越的感がある。職員も問題ありの人もいるが介護でお金を頂く接客と思えばそんな態度も問題ありです。 たとえばデパートに買い物に行き横柄な態度の店員に向かって苦情を言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイサービス遊びの効用

レクレーション・・遊びの効用   人が仲良くなるとは、「楽しい時間を共有すること」であり、人は楽しいことがあると頑張れる。 施設においては、生活環境の中から遊びに視点をあてることも大切である。例えば、離床することについて・・離床は生活におけるオン・オフであり生活リズムができる。楽しみ(遊び)があると、目的を持った離床が可能とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レクリエーションの大切さ

遊びの中で一時的にも心が開放されると癒される。遊びを通して関係作りができる。 笑顔で仲良くなるとは、楽しい時間を共有すること、人は楽しいことがあると頑張れます。 生活環境で遊びに視点をあてることも大切である。例えば、離床することについて・・離床は生活におけるオン・ オフであり生活リズムができる。楽しみ(遊び)があると、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

職務個人面談始まる

年頭に設定した業務に対して目標設定した評価個人面談を年2回行っている。 前期、後期、の中で管理者が気が付いたこと、批評、評価など去年からこの場を通じてある職員がまき散らしている悪評を指摘して本人に自覚を促してとみんなの総意ですと伝えているのに一向に改善されない。その人の問題で今まで2人退職に追い込まれている。また今だに火種がくすぶって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利用者に対する女性職員の接遇

何度も研修を受けても、その時だけ。 もっともらしい報告書。 いざ現場では相変わらず、〇○ちゃん。呼ばわりをする。 確かに認知症で高齢者になると幼児退行する人もいるがでもなんでもチャンは聞きずらい。 親近感を増そうというのであれば辞めてもらいたい。 不穏になって落ち着きがなくなっても言葉による身体拘束モやめてほしい。 私も、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

介護利用者と断捨離

ある、利用者なんだけど、大手企業の退職者現役のころは職場野球など楽しむ体格のいい人でした退職後も地域の活動に参加し活躍していました。 そんな人が脳疾患で倒れ車いす生活になり奥さんがず~と支えてきた。 今度は心筋梗塞で倒れた。 もう自宅生活は絶望退院後から夫婦でサ高住に入ることになった。 隣接する通所デイに夫婦通い楽しんでいたが奥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more