なしか気まま旅

急に思いたち鹿児島までぶらり一般道でのんびり行ってきました往復850km走行の自己満足旅。
途中熊本により道して、桜湯でのんびり温泉に浸かり八代の道の駅で仮眠休憩(爆睡)その後は日奈久温泉でまたもや温泉入浴何時かは行ってみたかったところ、ついでに周辺散策ふく福巡り周辺には14の地蔵があり街角に住む日奈久の神様にしっかり手を合わせました。その後は川内高城温泉入浴、西郷どんゆかりの温泉、私が入ったところは公衆浴場で入浴料は200円でしたが設備が今一つ不満だけど板壁越しに聞こえる女性の方言丸出しの会話が聞こえ、今鹿児島にいるんだと実感。地元の人と会話を楽しみ、 鹿児島市内の方へ行ってみると町が(西郷どん)一色でした。何年か前、篤姫の時もそうでした地元の人にとって英雄
住居、西郷、大久保さんちの住居跡城山他の慰霊日にも手を合わせのんびり一人旅終了一路家路に

花見

桜の名所の公園にお弁当をもって花見に出かけました。
木の木陰を利用してブルーシートと机、いすと持っていき朝から場所取りに励みました。
そのかいあって場所取り成功して当日誕生日だった利用者様の誕生日会と花見を兼ねて
大声でハピバステイツユ~を歌いました。ご本人様も大変喜ばれ記念になる一日になったと思います
広場で誕生日会もなかなかいいもんですね

ヒアリハットが

数か月前からヒアリハットが増えてきた。
ヒアリが出ないことで他の施設に対して胸を張っていたが、どうも、それもできなくなってきた。
やはり転倒が多い。
しかも見守り不十分が多い一人の利用者に夢中になって、他の利用者の動向に気が付かない。
どんと倒れた音で初めて気が付いた。
最悪ですよ。
それと手引き介助中に利用者の膝折れで尻もちついた、だったら何の手引き誘導の意味がない、支えきれなかったでは済まされない。
フロアに集合をかけて利用者の前を歩き後ろ振り向いたら倒れていた。
何日もかけ何時間の研修を受けてきても現場ではその人の性格が出てくる
命令口調になる人、なれなれしくすることが介護と思っている人、利用者に突っ込みを入れ笑いを取るスタッフ
〇○ちゃん呼ばわりする人そういえば、この前、年金支給日の時が買い物レクと重なり
笑いを取ろうと”””今日年金の日だから、とおねだりするしぐさで笑いを取ろうとする女性スタッフ
人材不足が低レベルの介護士さんを生んでいる。今人材売り手市場どんな人でも採用OKでは
困るけどやっぱり求人出しても応募なし。連日人材派遣のダイレクトFAXが舞い込んでくる

介護人員不足

私の所でも人員不足ですが。前向きに利用定員増やしたいのです。そのためには
看護師がいる。今一人いるけど非常勤
で週1日で大した業務行なっていない。時給高い採算が取れない
今度常勤の看護師の募集を行っている。給料出すため何人増やすと0になるのやら
基本看護師は医療的なこと以外はやらない定員が増えても今いる
女性スタッフ
が負担に感じるようなことがあったら(入浴担当回数の多さで)きついくなって辞めていくことが
心配

書類業務疲れから

今月に短期切れの利用者様の人数が多く書類業務に追われている。
サービス残業も多くなっている。
介護サービス計画がケアマネから続々送ってくる。
モニタリング・介護計画書の書き上げに時間がかかる。
今日は公休”ならば今日、明日のために充電してきました。
ぶらり温泉の大好きな私は早速自宅から39㎞離れた、初めての川棚温泉まで行ってきました。
体の皮膚がふやけるほど浸かり湯っくり時間を使わせてもらいました。
明日は業務後、時間を開け再び宿直業務で出勤次の朝まで仮眠付業務ですが!!頑張るぞ~
今日の日常でした

介護ヒアリハット

誤嚥性肺炎で入院されほぼ完治され退院その後、2人再利用の開始に伴いミキサー食対応
誤嚥性肺炎ではヒアリではないが、転倒して骨折し入院その後、退院して再利用者2人で古メンバーが揃い
新規で一人増え大盛況といいたいが、過剰に反応してスタッフも落ち着かない。手引き歩行者は車いす対応
もしもの時が怖い移動が楽、理由もしも、利用者が車いすから起立でもしたら、どうした!!どこ行く?など・・・
大声を上げるスタッフ、食事中咳き込みが続くとミキサー食でドロドロの食事の提供を促す。どれも安全の為なら
仕方ないでは納得がいかない介護職員として楽な方へ行っているように感じてしょうがない入浴後、他の利用者の前で〇〇さん背中の発疹がひどくなっている。話が筒抜けやないか。今度のミーティングでは接遇と残存機能の低下予防、言葉による身体拘束等の議題が費用になってきた。
この頃利用者の身体機能の低下が認められたらケアマネからリハビリ特化型デイの利用を促されるみたいです
週3回利用以上でもう一日リハビリ特化デイに追加になってしまった。利用追加が別の所になってしまった。
頑張って機能訓練やっているのに同じ追加するなら当デイで追加してください。

利用者様カムバック

去年から入院していた利用者様が利用再開となりました
小規模デイだから利用者が2~3人入院となればかなり日々の定員減になります。
退院した時は状況の以前とは違い食事状態も変わります。刻み、ミキサー食
でも、ある利用者は、危篤から帰ってきたのだからすごいです。ある利用者、大腿骨骨折から懸命のリハから復活。もう一人、誤嚥性肺炎と転倒、風邪から発熱肺炎になって長期入院から復帰でも下肢筋力低下歩けなくなった。でも皆さん全快じゃないけど、
楽しく遊んでもらいながら機能訓練をしてもうこれ以上
機能低下をさせないよう頑張ろう。この頃全体機能が落ちたな~あという人が多くなった
けど、寒いことを理由にしておこう

85歳の誕生日を迎えた利用者様

本当にすごいんです。85歳自立していてオシャレに気を使っていて素顔を見たことがない、元気もいい。そしてたゆまぬ向上心、
生涯学習で得た良識によって自分自身の人生を豊かにし、誰かと接することで外の世界に目を向ける。友にも恵まれている。デイに通ってボランテア。でも心の病と闘っているんです。なんでかな~

H30/初ブログ

あけましておめでとうございます。今年は元旦早々初日の出を見に行きましたが。雲に遮られ雲と雲の隙間から
でしたが隙間からの光輝く光線のような光に力強さを感じました。その後いったん自宅に帰り午後からの初もうで参拝となりました。私たちのデイは31~3日まで休みだったんですが。参拝途中にあるデイの電気がついていたので窓越しに見えた、人影と高齢者数人へ~しっかり営業していました。がんばってる~正月といっても利用者の事情もあるし要望にしっかり応えているんだな~感心しつつ見習いたいと思いました

何だったんだろう

フロアにサービス残業で数人と一緒にクリスマス飾り付、脚立に上りフロアの天井の端から端にキラキラ飾り
つかの間の飾りつけだったけどクリスマス会が終わるともう正月飾りの準備すぐに餅つき、杵の修理、道具の確認クリスマス会含め私一人の経験者で企画から計画書作りすべて実行。今までの
恒例行事だけど現スタッフは12月にまた管理者が変わってこういうやり方とか、方針が違うと何度も言ってくる
じゃあ今までのやり方の代案を示せと言い返すも返事はわからないから予算も含めて上の物に聞きたい
私も無断でやってるわけではない。嚥下の悪い利用者さんが多い、餅は食べさせられない、何かあったら
分かっているのに消極的発言を繰り返す。クリスマス会の時もレクの一環で行う消極発言イベントとしてやるんだ。これまた対立強行レク計画書作成予算獲得名前だけの管理者から生活相談員になっても意見はスタッフに伝える。嫌われても気にしない。利用者本位希望があればどうしたら行えるかまず考えたいそこから始まる。

また一人入社からの利用者が

入社したての頃、拒否が多く私の言うことは聞かず女性スタッフなら何でも聞く
無視されてきた。
介護の世界に入ってこの人が心を開き私を受け入れるためには、どうすればよいか。
それがきっかけとなり本を読み参考にした。
他のスタッフから、そんなに虐められ我慢強いね、とか同じ虐めなら逃げ出している。
というありがたい慰めも貰った。
しかし体の衰えから同じ系列のデイに変わっても元気に過ごしていたけど2日前ぐらいから悪くなり救急搬送先の病院で亡くなりました。
思い立ったのが祭壇に置く写真急いでUSDの中から一番輝き笑顔のある顔探し、その写真が飾ってあった。
複雑な家族関係で葬儀なし通夜と言っても火葬前のお別れのみ火葬場へ行く予定だそうです。
お顔は安らかな顔でしたが施設社長とケアマネと私3人だけ寂しいお別れでした。
帰りには深いため息が何回も出るばかり、私の心境は心に隙間風が入ってきて寒い

肩の荷が下りた

バスハイクは小雨の中決行、地場では有名な食品工場見学、事前に案内でプログラムに明記されたスケジュールは無視、日にちがたつにつれ行先が利用者の中で変わっていく中でのバスハイク。真剣な顔して〇○神社は参道が長いので今回キャンセルできないか、この時期に海水浴は辞めた方が良い行ったこともないのに2回行ったからもういいだとか、まあ~まあ、意見の出ること、でも、いざバスに乗り込み出発一番はしゃいでいたのが妄想発言をした人達。何十年ぶりの遠足。車中での自己紹介では利用者の認識はなくボランテアで参加してきていると自ら紹介などいろいろ、それもまた楽しい無礼講と思えばいいか、歌ありクイズ道中の沿道沿いの言い伝えなど案内で盛り上がり到着後も楽しいひと時を過ごし体調不良、けがなしで全行程無事終了
企画から手配レクリエーション計画その他送迎配車すべて行い、終わって家に着いたらぐったり
いつもより早く床についたいたのは言うまでもない

秋のバスハイク

バスハイク、秋の恒例の行事ですが去年は企画段階で中止スタッフがいない、経験不足でそれどころではない、その時期に退職願いが出ていて理由はいろいろ。
なぜなら2か月前から構想して企画書提出するので、案は没だった
しかし今年は、去年の分まで強引に計画実行。他の施設も巻き込んで利用者16人が決定当然介助者が必要で14人態勢、しかし利用者でバスハイクに参加した経験者は2人スタッフは私一人。会議で役割分担でもめるバス車中での目的地に着くまでのゲーム進行。初めてのスタッフはみんなで遠足気分でそんなことはきいてないよ~
一番気になるのは面白い発想、不測の事態に備えバスの他介護車を1台走らせ途中体調不良者が出たら介護車に乗り換る又病院にも搬送できる。というものだった。まだまだ提案が一杯。そりゃわかるけど、バス乗る前に血圧を測り高かったらどうする
、色々私の結論では無理して行かなくていい当日に気分が悪かったら仕方ない
リスク回避をしたらもうや~メタと言いたくなる
とにかく思い出作りができたらいい、何もなければと祈るのみ

敬老会

今年の敬老会は、ボランテア予約が取れず不発、その代わりの企画で皆でマクドナルドにバーガーを食べに行こう会をしました。意外と好評でした。初めての行った、バーガーって何?という会話が圧倒的に多かった。紙に包まれてきたバーガーを手に取り手づかみで大口あけてガブリ。手は汚れる口の周りはベタベタまるで子供のよう、それでも美味しかったの連発、それだけでも成功と言える
そのあとドライブして帰所してクライマッス。記念品とお一人お一人のメッセージを読み上げ手渡ししました。
歓喜余って涙する利用者様。読み噛噛みで申し訳無かったけど何とかやり遂げました。小予算でしたがこんなに感動してくれたのでまずは大成功。今回のバーガー日常の些細なことが高齢者にとって感激してくれることが勉強になりました

小欲知足
 「小欲知足」 欲を少なくして足るを知るという仏教の教えであるが、幸せの原則を教えている言葉である。私達は、足るを知らない所から様々不幸感、苦しみを自ら紡ぎだしている部分がある
幸せとは、環境の良い悪い、お金の多寡ではなく、今ある環境に感謝できるか、足ることを知っているかにかかっている。私達は、感謝できる環境があるから感謝できるのではない、感謝する心があるから感謝できるのである。そしてその感謝はただいま、その環境において無限にあるのである。その事に気づいた人から幸せは訪れる。古来より幾多の聖人が説いてきたことである。
今日一日足ることを知り、感謝の気持ちで仕事をしよう。そう今思う事から幸せな人生は始まる。幸せは自分で決めるものであり、人や環境が決めるものではない。
誰かの言葉を引用

お客様は神様です利用者様は?

物を作る企業はお客様の要望便利さ手ごろな商品価格設定を考え日夜会議を繰り返す。物を売る会社は物を売ってその利益で経費社員の給料を出す。
大きな介護法人の一部のDS・GHなどはいいとしてもDS立ち上げ1件で運営しているところはどうだろう。
介護保険制度上法人でなければ開業できない。スタッフ管理者含め3~4人の小規模でも就業規則なるものがある。でもあってないようなもので、みな情熱で手弁当のようなもの。
しかし最近利用者には上から目線まるで囲いの中で放牧している牛や馬のようなお使いテキパキ指示見守りはできるが、寄り添う介護ができない。
スタッフも退職し入れ替わり1か月で退職するもの、1~2日で辞めるものその繰り返しで何とか規定人員配置で間違いのないようにと思ったら少し甘くなる結果残って表面上、うまくいっているように思えても甘い対応で働いている。
そんな中行事企画担当の私は1日イベントを企画しても。
通常勤務では1時間休憩だからイベントでも完全自由時間の休憩時間も設定しなければいけない最近の現状
割り切り。
そんな要求する人が多くなった。
介護保険1割負担で少ないよに感じても実費なら’7~9利用介護3なら約10000円位その分楽しませないと
10000円ぐらいで見てやっているという感じですそれでは後が先細りになるかもしれないそれが心配

介護求職者

数日前に就職希望の求人があって男性でと聞いていた。今日プロフィール明らかになったなんと、高学歴
多数の資格ありだけど介護未経験。なんだか心配、希望に満ちて3年後には介福目指したいという資格を生かせば年収〇〇万と思うのですが介護ではどう考えてもその金額には届かない。
何か考えがあってと思うが心配ご無用と思いたい

帰宅願望

住み慣れた自宅でいつまでも生活できれば、いいのですが高齢者施設に入居してくる利用者の家族にも事情が
それぞれあるんでしょう。自分の場合だったらといつも考えてしまう。特集記事で老後の生活は何千万円必要だとか、老後破産等何を囃子立てているのか、そんなのはどうでもいいではないか高額年金を貰う人は一部の人
ほとんど中堅企業退職者今の7~80代特に男より長生きする女性私のところの施設でも80%の入居者が女性
入居者の家族も50代それぞれ家を持ち家族もある。子供が小さくて両親が健在なとき里帰りや行事で帰省していても子供が成長して、じいちゃん、ばあちゃんと慕って孫単独では来てくれないような気がする。近所なら別ですけど、子供も新しい家族ができている。引き上げて実家には戻れない。世代交代、両親の片方が弱って老々介護も限界にきている。心配になって、そこで施設入居の話が出てきてなんとなく入れられた利用者本人納得していない。ちょっと用事があるから家に帰ると言い出す。ここがあなたの家ですよ(決まりセリフ)静まるまでスタッフ見守り。その人要注意徘徊人物指定。ミーティングで一人で生活すると家が火事になるかゴミ屋敷になるらしい。隙を見て出るかもしれないので施設の他の利用者の朝のデイお迎えは別の出入り口からとお達しが来た。私の担当デイだからそんなことは少ないけど一人かな帰宅願望者。いずれも家族の介護放棄というのが多くなってきた私のところのデイでも
多少ある。連絡帳に要望を書いているけど無視です。だけどデイに通わせるだけでも親孝行の一つデイではそう思って日々楽しくして帰り今日面白かったと言っていただけるよう頑張るだけです

残暑厳しい

7月の大雨が8月にもありまだ残暑も厳しい。デイでも暑いクーラーが悪いんじゃないの、だとか冷気があたって寒い切ってだとか言いいたい放題。7月の終わりにプロレスラーの方がボランテア慰問にきて面白いお話で
皆さん大喜び、恒例のお姫様抱っこ記念撮影
画像
やっぱり7月8月はイベントはやりやすいですね。七夕、や創作レク、そして8月は腹話術で巧みに人形を操り利用者の皆さんを
((´∀`))ケラケラ((´∀`))ケラケラ楽しかったです。ソーメン流しと夏祭りこれで8月も終わったって感じ9月は敬老会に向けて企画準備中

ケアマネ様って

おおざっぱに言って要介護者等からの相談に応じ要介護者等がその心身の状況に応じて適切な居宅サービスまたは施設サービスを利用できるよう、居宅サービス事業や介護保険施設等との連絡調整行う者。まだあるけどまぁこの件この辺で。
いつしか、利用者獲得もケアマネさんしだいなので機嫌を損なわないよう気を使います
ケアマネ営業回りが第一になっている。だから、というわけでもないけど結構その人たちは傲慢な人が多い。
デイの意向を聞こうとしない。
私もこの頃、担当者会議には名前カードを首に掛け介護福祉士兼生活相談員の名刺を宣伝としてばらまいている。
デイの近所のスーパーで買い物レクで行った時高齢者を見たら名刺を渡す介護相談体験の受付営業している。
頑張るぞ~
最近利用回数は変わらないけど週1回のリハビリデイを追加提供するケアマネが増えてきた。
デイでの過ごし方を視察に来なくて機能訓練は他でと2人取られた。だったらデイの利用増やしても構わんのにと思っても決めてくる。本当に事務的
近頃リハビリ特化型デイサービス入浴なし食事なし2時間程度のリハビリ機能運動形態のデイが増えてきた。デイで遊んでばかりだと機能が落ちる自立の妨げ。
いろいろなこじ付け」があるので。
私のところのデイも、もう一つ変化していかなければと思っている。
忘れたころに、知らない人から相談電話があり話を聞いたことがあります。
利用にはつながらなかったけどまたいつかで、楽しみになった

利用者家族の事情

利用が始まって2年程の利用者さん脳梗塞を繰り返すたびに脳機能が衰え3分の1しか機能していないそうです
年齢も若く63歳昔の美人さん。失語症、半身片麻痺、胃瘻で身体拘束にて対応していた。声かけでの意志の疎通が困難と思える。
しかし利用2年経過であの手この手で機能回復に努め結果拘束部分の一部解除してケア指定、すると表情も豊かになり無反応だった声かけにも反応が見られ今では建側の手で他の利用者を強い力で
引っ張ったり、机のものを取り投げ捨てる棚の物を訪ってばらまくまるでいたずらな幼児のようで目が離せない
元気よく手が動くようになりすぎて、ペグ式(胃瘻)を自己抜去し救急搬送したこともある。
だけど、若いころ過ちを犯し子を捨て男と蒸発数年後男と別れて帰って来てことは別に暮らし姉妹のところで暮らしていたところ発症、姉妹が面倒を見切れなくなり子供に連絡子は恨みがあるけど引き取ったもものすぐに生活保護申請して施設に入れた。
以後生保での支払いで余ったものは取る家族ただそれだけ。
本人とは様子を見るだけ、先日元気が良くなり過ぎての苦情太った、体が活発に動きすぎて危険ではないですか、手にはミトンをしてください。
この前みたいに救急搬送されペグ再挿入で病院まで呼び出されたら困ります。
あまり元気になりすぎても困りますの苦情の数々それを聞いて機能回復の為。
ハグしたり音楽療法など頑張ったのに親子の恨みはがあるがゆえ介護ネグレストになっている

介護職として振り返って

H29年度の中小企業優良従業員として表彰される事が決まりました。中小企業で従事する各分野で職務に熱意をもって事業の発展と地域の振興に寄与されたことの功労をたたえ表彰する。
特別になんかやった覚えはないですけど
他の業種から介護の世界へはじめはわからない、利用者の理不尽な行動に腹が立つ言いたいけど
言えない介護独特の決め単語で・・・声かけ…現場では掛け声セーノ・ヨイショ!!と考えていたから意味が違うような感じ、戸惑う立派で実行してない介護用語どうりの行動。今考えてみると指導してくれたその時のリーダーさんイラついたでしょうね。今は退職されたけど、・・・会いたい気持ちもあります。時がたち今、副管理者兼
生活相談員になり今回の表彰で振り返ってまた原点に戻り今利用者さんが座っている座席が指定席になるまで
頑張ってみようと思います。

12月イベントこれだね

画像
師走12月があと数日で駆け抜けようとしています。企画、合同イベントで痛めた頭と疲労1月から楽できそうと思いきや1月から管理者が格下げ移動1年3~4か月では早すぎるまた若い管理者君を補佐指名されそうな雰囲気クリスマスや餅つきが終わってホットしているのに来年もサービス残業で奉仕の役目やれやれ
画像
画像
画像
このイベントで、感激して涙した利用者まだ日の浅い気難しい利用者さんとも気心が通じて心を開いてくれたことです。杖を振り回し自分のわがままを言っていた利用者さんがスタッフの言うことを聞くようになった。ダメ出しが多く反省文まで書いたけど自分なり80点でした

ご無沙汰してました

しばらくお休みしてました。今年に入り、めんどくさいイベント処理で奮闘した為、頭のクールダウンに時間が
かかりました。実地指導と介護保険指定更新が重なり自分だけでは初めての経験で処理できなかった。
まず・人員基準が満たされていない、書類不備など悪質と思われたら業務停止報酬返還という例もある怖い結果もある。閉鎖することもあります。次々に退職したり職場環境が最悪だった。関連施設から応援をしてもらい利用者の入浴介助。見守りが精一杯でレクができない状態
人事基準の関係で他の施設から管理者投入、私は生活相談員になり、副管理者兼任も兼ねる。PCの前では
書類作成そして入力業務で事務室にこもることは許されない女性スタッフのオーラの目そこで業務終了後にサービス残業の挙句お金も使わずダイエットに成功したけれどきつかった。相変わらずスタッフが定着しない
ので個々に負担があったのは仕方ない。でも、何とか乗り切った実地指導、介護保険指定更新も終わり明るい方向に向かっている。利用者も増えてきているし面白アイデアが少しづつ出てきてるし 7月8月はイベント構成で頑張ります

クリスマス会が終わって

去年の会では段取り悪くバタバタしていて酷評だった。来年はと思っていたはずなのに、人事異動も有りたぶん
駄目だろう、そのとうり駄目だった。企画段階の役割分担のミーテイングができない中では仕方がない。私が管理者になって入れ替わり立ち代わり入社・退職の繰り返しで求人広告費もかなり使って誰でもよさそうな感じで受け入れた完全売り手市場。実は私の地域は高齢者人口が全都市でも上位介護施設もたくさんあって人手不足、当然介護職流れ者のような人もいる転々と働いてきている。介護の仕事はやるけど、入浴は・・・?送迎は行きたくない。研修で残業はできないしたくない。不思議とそういう人材が集まり今に至っている。なだめ諭しながら行っていかなければ、伝家の宝刀今月いっぱいで辞めます。の刀を抜いてくる。やはりイベント事、
介護用語みたいになっている、喜んで頂く、楽しんでいただく・・実行するためにはチームワークがあって目標の方向性がないと企画倒れ。今年も企画倒れ感はあるけど他のスタッフは自画自賛謙遜しても90点は言っている
私の点数は45点だと思うこの温度差が今の現状を物語っている

介護ヒヤリハット

ヒヤリハットは日ごろよくあること。リスクマネジメントに役立つこともある。
しかし、始末書付だから差し出す時の気まずさもある。
前回入浴で心臓疾患と週3回透析のある利用者にどっぷり肩まで湯に浸からせた。その後体調を崩した。
厳重注意するもまた、同じことを繰り返した。生活相談員として鳴り物入りで来たので、これでバカ殿でも
大手を振っていけるように支えてもらえると思っていたのになんでかな~初ヒヤリ・始末書2枚同時発行が
生活相談員とは

デイの管理者となって

久しぶりのブログ更新です。
デイの管理者となって5か月を過ぎようとしています。今まで脇役ととして頑張って
実務の方はやんわり拒否していた。しかし、これほど大変だとは、人間関係もさることながら皆
言うことを聞かない自分にとって都合がよければ従うが、悪ければ理屈を述べる
毎日が迷える管理者ですよ。
スタッフが7人で一度に4人が退職したり新規採用したら20日で退職現在1人も私が管理者になった時
のスタッフがいない、施設母体があるから倒産しないけど一施設経営のデイだったらもう倒産しているかもしれない。人員配置基準があるから、資格持ちスタッフは強気でいつ辞めてもいいと陰口、看護師、スタッフとも自己流を通す意見の対立をしている。悪循環当面は立て直すことに頑張ろうと思う

運営事業部会デビュー

事業部会、私は本日がその日とは知らず公休だったので
のんきにEDIONに景品のバックを貰いに行ってついでに無料マッサージコーナーで
スイッチオンそれからは店内のお客さんの前で口を大きく開け夢の中
もちろん出向店員のおばちゃんとは仲良しフリーパス一台30万40万のマッサージ機が
使いほうだい暇なときは1週間に10回ほど行くね午前午後に行ったこともあり店員さんも
呆れはて公認してくれた今では友達感覚が3年は続いている。見かけ年輩だからまだ退職しなけれと
切に願っております。(厚かましい)願いです。
さてさて、ラインで今日の事知ってますよね…(連絡有)ハーァびくっり仰天入れ歯も吐き出す
デビューは資料、稼働率、来月デイの行事、利用者状況、今月の反省点、スタッフの意見のとりまとめ
などその他していなかった。次回頑張ろう
画像
先日、若松の高塔山にあじさいを見に行って展望台にて若松区戸畑区にかかる若戸大橋を眼下に見下ろしてきましたいい眺めです

デイの管理者交代劇

今年に入ってまた、管理者が交代した。業務の混乱スタッフの戸惑い利用者様の不安が生じている。前任の管理者も去年12月でわずか見習い期間含め1年4か月の期間で降格移動精神的にレットゾーンぎりぎりだったらしく本人も迷って迷走、私爺も懸命にサポートしたけど、その反省から今年1月から新管理者候補頑張れと言いたいところ、前管理者の書類管理がないことが発覚(介護関係)不備と指摘され不足の書類と同意書、契約書もとっていない利用者もあり事務所中探しまくり
ゴミ屋敷・・・みたいな事務所になってしまいサービス残業しながら3か月で書類を作った4月から通所介護から
地域密着型通所介護に移行する為事務方管理者もまた、第2回目サービス残業開始したころ誰かが介護保険課にご丁寧に情報提供当然監査が入り指定した書類を出せと言われ、ないから出せないおまけに亡くなった利用者退所した利用者も含めて出せ、それで書類作りにまた1か月、だから新管理者は前任の管理者の尻拭いに来たと同じのようだ。それと並行にデイも盛り上げないといけない、面白企画を出せないまま女性スタッフの管理者拒絶反応で心も折れた。頑張っていたのに・・・、監査のペナルティーは怖いものが予想される。ついに6月半ば格下げ移動ついに私の入社時のスタッフ調理係含め全員入れ替わり今いるのは全員が1か月以内だからバタバタしている。それに関連施設で夜間宿直20時~7時それからデイそのまま勤務数回の人手不足お手伝いだけどきついよね。今度辞令で名前だけ管理者に。1・4管理者0・6管理者そして私○年もつかまたまた覚えることが増えた。たぶん次の管理者が採用されるまでだと思うワンポィントリリーフでしょう。頑張るしかない

門司港まつり

門司のお祭りをデジブックに投稿した一部ですが紹介したいと思います。子供の時から比べれば規模が小さくなった感はあります。でも久しぶりに見られよかったです。

デイホーム5月の近況

4月好評だった桜の花見
画像
川沿いの桜並木の前でお茶を楽しんだり5月に向け鯉のぼり工作他いろいろ。5月に入りさっそく鯉のぼり見物
画像
この日は風も少しあり優雅に泳いでいた鯉に皆さん感激していました。
やはり他の介護施設からも見物に来ていました。まぁ~たくさんの事業所が来ていれば利用者様の
見守りをしながら、他の女性スタッフの方ばかりに目が行ってしまいますね。男性スタッフが集まれば
あそこのスタッフが可愛いこっちも、そんな話ばっかりですよ。日々頑張り白髪が1本また1本増やして
いる今日この頃。それからまた問題が出てきました。またの更新の時書き込みしますが怒りがこみあげて
いつまで続くのかな~とりあえずホームセンターで神棚を購入して今度氏神に来てもらいお祓いしてもらうつもりです。