介護福祉士としての自信

ちょっと待って介護施設で働くため講習や専門職教育を受け職に就くプライドがあるはずだが、たいして専門知識もないのにおばちゃん介護さんが年の功で若い介護士に指示をする。若い介護士はおばちゃんパーワーに負け従う。しかし、実践するのは介護士、責任も介護士。ちょっと介護をかじったおばちゃん介護に口出しは無用だと思う。また介護福祉士も誰が言っても国家資格なのだから自信をもって対応すべき。また介護福祉士合格してもその後介護について知識を学ぶ姿勢が大切だと思う。

"介護福祉士としての自信" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント