本日エスケープ有

当法人内のサ高住は特養化してきている。高齢者が自宅内で骨折か何かで入院手術後しばらくたってリハビリ回復期病院へ転院そこで2ヶ月リハビリに励んでもらって退院の流れ自宅で面倒が見れないと家族が打ち明けるとサ高住の紹介の運びとなる。状態が悪くても一応退院させ後は後は
訪問看護とヘルパー任せなのでなんだか受け皿になっているようで、回復の見込みが80%が全快となりこれ以上はない。その流れから法人内デイサービスに回ってきて認知症特化デイになって交流の場ではない会話が成り立たない。しかし体はまだいけているという思い込みから介護転倒
事故になる。そんな中、本日体は元気一杯足腰元気一杯だけど認知症状が治まらない。玄関から出るともう後戻りができない。まっすぐ歩くしかないどこまでも。サ高住の方からいなくなったという知らせ探した結果見つかったが暑かったし熱中症にならなくてよかった無事見つかった次第です。よかった

デイサービスに施設系の看護師を迎えたが

デイサービス定員が10人を超えると看護師も人員として置かないといけない。しかしながら、1人でも介護のほうが必要で看護師兼介護兼任ということで採用。看護師は状態観察・健康管理で一日中仕事はなく当然役割として介護のほうもやってもらうが、これが出来ない看護師は看護の仕事しかやれない。長年病人を見る側から一緒に楽しむこと。楽しみの提供企画となるとできない。デイサービスは病院ではない交流の場その中で機能訓練をしながら楽しみ元気になっていくはずなんだけど、病人としてみている。認知症だってその場一瞬でも笑顔になれるよう誘導していくようなことが出来ていない。レクゲームとなるとほぼできない盛り上げか他を知らない。本日そういう看護師さんが入社2ヶ月目、辞職願のアピール2週間に及ぶ紋々とした迷いに対し引き止め小作むなしく最終的にラインで通告してきた。これで決まった後は有給消化しますとのこと。難聴による幻聴、不眠で昼夜逆転で昼間の仕事中他に迷惑が掛からないかとという不安症の繰り返しが理由だそうだ、前から若年性認知症なのか不安と言っていた。もうこれ以上引き止めることはできないので退職受理。令和2年これで心の病で3人退職もう1人鬱になってしまい休職中早く治して戻っておいでとは言えないけどその子は素直で優しい子なんだけどね。もどかしさ

日々思うこと

毎日、毎日をきっぱりと終了せよあなたは全力をつくした。確かにへまもやったし馬鹿なこともしでかした。そんなことはできるだけ早く忘れよう。明日は、新しい日だ。明日をつつがなく、静かに始めるのだ。これは自分を励ます言葉。