利用者とお別れはこうなんだ

大好きだった利用者のAさん2年ほどの利用期間でしたがしっかりされている女性利用者さん。
元は役職のついた仕事をし定年後も経験を見込まれ第2の職場へその職場も無事定年。
しかし脳梗塞が原因で一人暮らしができなくなり近所だった私の施設へ入所された。
その後2年間のデイサービスを通しての付き合い。
気が合うのか前世でついあっていたのか とにかく気が合い話もっずいぶんした。
でも家族には恵まれず、子供たちとは疎遠で若いころバリバリ仕事をしながら社会上の付き合いで家を空けることもあったという。
そんな母親の姿が家庭を帰り見ず、遊び呆けている。
という母親の愛情が欲しかった子供の目に焼き付いたのでしょうか。
学校卒業してほとんど会っていないという。
その後も通販で買い物、海外旅行、趣味のカルチャーセンター通いだったそうです。(お金の浪費)
生まれて初めて男性から体を洗われたのがあんたでよかったと嘘のような感想。
その後居室で転倒して大腿骨骨折。
退院後は重度ランクの系列デイに移籍。
よく他の利用者を迎えに行った時、顔を合えば挨拶をしていたが、なんだか廃用症候群まっしぐら進んでいるな見るたびに思っていた。
3月生まれっだと思いだし元気なころの写真を探しメッセージカードを作ろうと準備していたらその写真以外の写真数枚お願い。じかに見せることなく。祭壇に飾られていた。
Aさんの子供たちは通夜で顔を見て施設の者と話その後ビジネスホテルに行ったという。見守りは葬儀屋さん寂しいよねAさん!。入浴後に保湿クリ―ムを塗っていた時いきなりふくよかな胸を押してけ窒息しそうになって私は怒って注意したけど、私が子供に見えたのかな。
これも人に言えない思い出だけど何十年後にまたそちらの世界で会いましょう

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック