介護利用者はお客様

デイサービスに通う利用者、介護度1から5の利用者。メンドクサイ人わがままな人、問題老人すべてお客様一人暮らしがままならない人、職員も相手が高齢者、体力的にも劣っているので絶対優越的感がある。職員も問題ありの人もいるが介護でお金を頂く接客と思えばそんな態度も問題ありです。
たとえばデパートに買い物に行き横柄な態度の店員に向かって苦情を言いう。
すると上司がお客の怒りを鎮めようと平謝りそんな光景が思いい浮かべられます。
介護職員だって一日介護度に応じて9000円~12000の人が週3回通う。
しかも常連客
もしデイサービスがお店で利用者が1万円利用時間が終わった時支払うとしたら。
店だったら売上。
ありがとうございました。
店の外まだ出て深々と頭を下げ見送るようなところもあるだろう。
デイで現金の受け渡しはないが、こんな、面白くもないし、横柄な態度なら金は払わんという客(利用者)がいたら面白い。
福祉業は言わばサービス業ですから、接客の基本「挨拶」「笑顔」「身だしなみ」については、それぞれクリアしておく必要があります。
しかし職員も人です。
得意ではない利用者や自分自身の感情によって、ムラが生じてしまう場合もあるでしょう。
そこはプロ意識をしっかりと持ち、必要最低限の対応を実践しなくてはなりません。
「我々はサービス提供の対価としてお金を頂いている」という気持って接していく。
面倒を見てあげているというような上から目線ではいけません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック