肩の荷が下りた

バスハイクは小雨の中決行、地場では有名な食品工場見学、事前に案内でプログラムに明記されたスケジュールは無視、日にちがたつにつれ行先が利用者の中で変わっていく中でのバスハイク。真剣な顔して〇○神社は参道が長いので今回キャンセルできないか、この時期に海水浴は辞めた方が良い行ったこともないのに2回行ったからもういいだとか、まあ~まあ、意見の出ること、でも、いざバスに乗り込み出発一番はしゃいでいたのが妄想発言をした人達。何十年ぶりの遠足。車中での自己紹介では利用者の認識はなくボランテアで参加してきていると自ら紹介などいろいろ、それもまた楽しい無礼講と思えばいいか、歌ありクイズ道中の沿道沿いの言い伝えなど案内で盛り上がり到着後も楽しいひと時を過ごし体調不良、けがなしで全行程無事終了
企画から手配レクリエーション計画その他送迎配車すべて行い、終わって家に着いたらぐったり
いつもより早く床についたいたのは言うまでもない

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

めがね
2017年10月20日 07:30
無事に終わったようでお疲れ様でした( ´∀`)企画から全て…。本当にお疲れ様でしたね。楽しんで下さる事はもちろん、怪我や体調不良もでず良かったです。
何も考えた事がなかったですが、学校の先生方も毎回こんな気持ちだったのでしょうね。数人で100人位連れて…(´Д`)
2017年10月23日 00:03
勝手なもので、企画段階では経験がないので及び腰だった人がうまくいって反省会でも意見がなしこの経験で次の事もしてほしい、さてどうなるかな
めがね
2017年10月24日 18:59
成功経験がその人の自信になって次回も張り切ってくれるといいですね。食品工場、そちらは沢山の工場があるでしょうから楽しそうですが源さんは利用者様に目を向けなければならないから楽しむとはいきませんかね(^o^;)

この記事へのトラックバック